形成外科医としてレベルが高い上野クリニック横浜院の院長


上野クリニックの口コミ・評判

上野クリニック横浜院の紹介

 

キャリア20年以上の医師が執刀

上野クリニック横浜院

以前、ハマボール付近に横浜院がありましたが、患者の利便性を優先して横浜駅の近くに移転。傷跡が残らない綺麗な仕上がりが評判で、横浜だけでなく関東一円から患者が来院するほど信頼を得ている。
上野クリニック横浜院の場所神奈川県横浜市西区上野クリニック横浜院の最寄り駅JR横浜駅より徒歩5分
上野クリニック横浜院の診察時間10:00~20:00上野クリニック横浜院の院長の名前院長 松尾光一
上野クリニックの口コミへ上野クリニック公式サイトへ

 

 

横浜駅前医院のちょっと変わった体験談

 

横浜駅近くにある上野クリニックの横浜院。ビジネスマンや若者でにぎわう街ということで、来院する年代は幅広く、年間の患者数も多いことから、包茎手術の治療数では他のクリニックと引けを取ることはありません。

 

 

そんな上野クリニック横浜院を取りまとめているのが、院長の松尾光一先生。松尾光一先生は、国立佐賀医科大学医学部を卒業後、大学病院や総合病院で実績を積んだ形成外科のエキスパートです。

 

 

2015年に上野クリニック横浜院が開院した当時から院長を務めています。包茎手術をより難しい形成外科手術を経験しているため、包茎手術専門医の中でも高いレベルの技術力を誇ります

 

 

横浜院を利用した人の中に、ちょっと特殊なケースの話がありました。それは若いうちは包茎でも不自由はなかったのですが、年齢を重ねるごとに炎症を繰り返し、それが包皮の伸縮につながり陰茎を締め付け始めたというのです。

 

 

いわゆる仮性包茎からカントン症状を発症したというもの。仮性包茎が炎症を引き起こすことは決して珍しいことではありません。また、慢性の炎症からいわゆる包皮変形をおこすことも稀にあるとのこと。

 

 

仮性包茎は病気になりやすいという一つの例が今回の体験者の声であり、決して放置することは好ましくないというケースです。そんな炎症を繰り返してしまう包茎も、長年の経験と実績をもって治療してくれる。横浜院はそんな専門クリニックです。

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

上野クリニック横浜院の概要

クリニック名上野クリニック横浜院
住所神奈川県横浜市西区南幸1-11-2
浜西ビル4F
最寄り駅JR横浜駅より徒歩5分
診療時間10:00~20:00
休診日水・木
費用・包茎手術(ナイロン糸) 7万2000円
・包茎手術(吸収糸) 10万円
・美容治療手術 11万~65万円

上野クリニック横浜院のアクセス


JR横浜駅より徒歩5分の場所に上野クリニック横浜院があります。

上野クリニック横浜院の最寄り駅
上野クリニックに行くには、横浜駅みなみ西口・相鉄口を出ます。

 

 

上野クリニック横浜院へ向かう道
横浜駅みなみ西口・相鉄口を出ると、目の前に大和証券が見えます。大和証券の横の道を進みます。

 

 

上野クリニック横浜院が入っているビル
まっすぐ進むと左側に「浜西ビル」があります。そのビルに上野クリニック横浜院が入っています。1階の「ABCマート」が目印です。

 

 

上野クリニック横浜院の入口
上野クリニック横浜院の入り口です。青い大きな看板が目印です。

 

 

上野クリニック横浜院の院内
移転して間もないため綺麗な院内で清潔感があります。

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

この記事を書いた人

包茎手術専門ライター tamaru
tamaru 1976年生まれ【包茎手術専門ライター・包茎手術研究】仮性包茎で女性へ積極的になれず悩むが、10年前に上野クリニックで包茎手術をして一転。自分に自信が付き、女性にも性にも積極的になる。本当によい包茎クリニックの選び方など300人以上の包茎手術の悩みを解消、アドバイスをした実績を持つ。

上野クリニックの口コミ
上野クリニックの評価


関連記事