上野クリニックと泌尿器科の違いを徹底調査


上野クリニックの口コミ・評判

上野クリニックと泌尿器科の違いは?

 

上野クリニックと泌尿器科では、何が違うのか気になるところです。この記事を読めば、同じ包茎手術なのに、こんなにも違いがあるのかと驚くかもしれません。

 

 

保険の違い

 

上野クリニックは健康保険は使えない

 

泌尿器科と包茎専門クリニックとの大きな違いは保険が使えるか使えないか。泌尿器科は保険が使えて3万円程度で包茎手術ができますが、上野クリニックでは保険が使えません

 

私の場合は上野クリニックで手術をして28万4500円かかりましたので、20~30万円ほど費用がかかると思っていたほうがいいと思います。また、保険で治療できるのは、真性包茎とカントン包茎のみ。仮性包茎は保険を使って治療できません。

 

 

仕上がりの違い

 

上野クリニックは傷跡が目立たない

 

保険を使って治療をすると、ただ包茎を改善するだけで術後の見た目は気にしません。傷跡がはっきりとわかるような仕上がりになってしまったり、ツートンカラーになってしまうのです。せっかく包茎というコンプレックスを解消できても、傷跡が目立ってしまっては新たなコンプレックスを生むことになってしまうのです。

 

 

上野クリニックは術後の見た目も計算して手術を行いますので、亀頭の下に傷跡が隠れるため見た目には分かりません。実際、包茎手術をしたことを内緒にして風俗の女の子に見られましたが、気づかれることはありませんでした。あとで手術をしたことバラしたらすごくビックリしていました。上野クリニックで包茎手術をすると、それくらい分からないのです。

 

 

見た目を気にしない、とにかく安く包茎を改善したいという方は泌尿器科でもいいと思います。しかし、多少費用がかかっても仕上がりを重視するなら上野クリニックがいいと思います。

 

麻酔の違い

 

上野クリニックの麻酔は痛くない

 

泌尿器科の麻酔はいきなり注射をブスッと刺すところが多いようです。ペニスに針を刺すと想像しただけ股間に痛みが走ります。一方、上野クリニックでは4段階に分けて麻酔をするため、全く痛みはありません

 

 

まずは、基礎麻酔。ペニスの表面にスプレー式の麻酔をシュッとかけます。次に深部冷却。麻酔が奥まで浸透するようにペニスにジェルを巻き付けて冷却します。

 

 

そのあとにようやく局部麻酔です。この時点では感覚がありませんし、針も極細針を使用してるので針を刺したことすらわかりません。

 

 

次に背面ブロック麻酔。局所麻酔は約30分で効果が切れてしまうので、切れても痛みを感じないように背面ブロック麻酔を行います。

 

 

背面ブロック麻酔は、亀頭やペニスの深部まで麻酔が効果的に効くようするために打ちます。この背面ブロック麻酔は、包茎クリニックの中でも上野クリニックだけ行っている麻酔です。

 

 

包茎手術と聞くと真っ先に痛みが気になりますよね。私も痛みが不安で包茎手術の決断がなかなかできませんでした。上野クリニックに行く前は、痛みに対してここまで配慮していると知りませんでした。このことを知っていたらもっと早く包茎手術を受けていたかもしれません。

 

包茎手術の痛みについてもっと知りたい方はコチラ↓
>>なぜ上野クリニックの包茎手術は痛くないの?

 

 

カウンセリングの違い

 

上野クリニックはじっくり話を聞いてくれる

 

大学病院や総合病院で、待ち時間がかなり長いのに診療時間が短いという経験ありませんか?包茎手術で泌尿器科に相談に行っても同じで、待ち時間が長いのに相談する時間が短いということになりかねません。

 

 

一方、上野クリニックのカウンセリングは、完全予約制で1時間~1時間半ほど時間を取って、じっくりと話を聞いてくれます。カウンセリングルームも個室で落ち着いた雰囲気で悩みを相談できます。包茎手術は初めてのことだらけなので、十分な時間を取って説明を聞いて、納得するまで質問ができたほうが安心だと思います。

 

 

電話相談、メール相談違い

 

上野クリニックはいつでも電話相談可能

 

包茎手術は初めてのことですから、術後も不安になると思います。「夜中に血が出た」「痛みが引かない」など何があるか分かりません。そんな時にいつでも相談できる相手がいると安心ですよね。

 

 

上野クリニックでは、万が一トラブルがあっても24時間いつでも電話相談可能です。メール相談も365日24時間対応しており、1~2時間以内に男性スタッフが親身なって対応してくれますので、トラブルがあった場合でも安心です。

 

 

しかし、泌尿器科では、診察時間が決まっていますので、夜中に電話をしても繋がらないということがあるのです。メール相談をしても2~3日返信がないということがあるのです。

 

 

スタッフの違い

 

包茎手術を受けに来ていると女性に知られたくない。それは誰しもが思うことです。上野クリニックでは、受付、スタッフ、医師はすべて男性です。メールや電話相談でもすべて男性が担当していますので、恥ずかしさを感じることはありません。

 

 

一方、泌尿器科は受付や看護師は女性の場合が多く、恥ずかしさを感じるかもしれません。また待合室では他の患者と一緒になることもありますので、女性に見られたくないと思う方は泌尿器科は向いていないかもしれません。

 

 

アフターケアの違い

 

包茎手術をした後、出張や引越しで、手術をした医院が遠くになって行くことが難しくなることがあるかもしれません。例えば、新宿新で手術をして、北海道に引越しになった場合、抜糸のためにわざわざ新宿まで行くのは面倒ですよね。そういった方のために、上野クリニックでは全国どこの医院でもアフターケアが可能にしています。

 

 

抜糸以外にも、術後も薬や包帯を巻いてもらいたい、経過を見てもらいたいなど、どこの医院でもアフターケアを受けられます。

 

 

もし、医院が1つしかない病院だったとしたら引越しで遠方になってもわざわざ通わなければなりません。遠方になってしまうと交通費や時間がかかるので、通院するのは面倒になって行かなくなるでしょう。

 

 

まとめ

 

上野クリニックと泌尿器科の違いを紹介しましたが、いかがだったでしょうか?もう一度違いをおさらいします。

 

上野クリニック泌尿器科
保険使えない使える
費用20~30万円(目安)3万円(目安)
傷跡目立たない目立つ
麻酔痛みなし痛い
カウンセリング長い短い
電話・メール24時間相談可診療時間のみ
スタッフ男性のみ女性スタッフもいる
アフターケア全国どの医院でも可手術を受けた医院のみ

 

上野クリニックと泌尿器科を比較してみると、同じ包茎手術でも全然違います。特に注目してもらいたいのが、仕上がりの違いです。泌尿器科は術後の見た目は気にしません。包茎を改善できればいいという考え方だからです。包茎だけ改善できればいいという方は泌尿器科でもいいと思います。

 

 

上野クリニックでは、術後の見た目にもこだわっており傷跡が目立たないように細心の注意を払って手術を行います。傷跡が目立たない分、多少費用は掛かってしまいますが、仕上がりを重視するという方は、上野クリニックで包茎手術を受けたほうがいいと思います。

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

この記事を書いた人

包茎手術専門ライター tamaru
tamaru 1976年生まれ【包茎手術専門ライター・包茎手術研究】仮性包茎で女性へ積極的になれず悩むが、10年前に上野クリニックで包茎手術をして一転。自分に自信が付き、女性にも性にも積極的になる。本当によい包茎クリニックの選び方など300人以上の包茎手術の悩みを解消、アドバイスをした実績を持つ。

上野クリニックの口コミ
上野クリニックの評価


関連記事