上野クリニックの包茎手術が痛くない2つの理由


上野クリニックの口コミ・評判

手術中の痛みが不安で一歩踏み出せない

 

包茎手術の痛みが怖い

 

ペニスに注射をすると想像するだけで痛い!手術中の痛みを想像するだけで不安になる。その気持ちわかる気がします。私も痛みのことが不安で、なかなか包茎手術を決断することができませんでした。

 

 

「手術中も術後も痛みがない」そんなクリニックがあれば理想的ですよね。私が手術した上野クリニックでは、麻酔注射をする前にスプレー麻酔をしたり、注射も極細針を使用していたり、無痛治療にする工夫をしています。

 

 

また、手術中の痛みだけでなく、術後の痛みについても、私の経験とカウンセリングで教えてもらった情報と合わせてお伝えします。

 

 

包茎手術の痛みについて、あなたの不安が解消されるために、この記事がお役に立てれば幸いです。

 

 

上野クリニックの包茎手術が痛くない理由

 

上野クリニックは、患者に痛みを伴わない治療をするため長年研究を重ねています。上野クリニックの包茎手術が痛くない理由を2つ紹介します。

 

 

麻酔のための麻酔

 

上野クリニックの麻酔は4段階

 

まずは1段階目の基礎麻酔。スプレー式の麻酔かけていきます。スプレーなので全く痛みはありません。

 

 

次に2段階目の深部冷却。ペニスの奥まで麻酔が浸透するようにジェルをペニスに巻き付けて冷却します。約5分くらい冷却し、冷たさは感じましたが、痛みはありませんでした。

 

 

次に3段階目の局所麻酔。基礎麻酔と深部冷却で、もうこの時点ではペニスの感覚がありませんので、注射をうたれたことすら分かりません。もちろん痛みはありませんでした。

 

 

最後に4段階目の背面ブロック麻酔。局所麻酔は30分くらいで切れてしまします。麻酔が切れても痛みが感じ失くするように、上野クリニックでは背面ブロック麻酔を行います。

 

 

背面ブロック麻酔をすることによって麻酔の継続期間が長くなり、亀頭、表面、深部まで麻酔が効果的に効くようになります。背面ブロック麻酔は上野クリニックだけですよと先生に教えてもらいました。

 

 

この背面ブロック麻酔のおかげで麻酔が切れても痛みはありませんでした。このように上野クリニックは痛みに対して細心の注意を払っています。

 

 

極細針を使用

 

上野クリニックの麻酔は極細針を使用

 

上野クリニックは、完全無痛のために麻酔だけでなく注射針にもこだわっています。局所麻酔に使用する針は日本で一番細い針である極細針。30Gくらいが髪の毛ほどの細さです。

 

 

極細針は、通常の注射針に比べて10倍のコストがかかります。上野クリニックは、これだけコストがかかっても患者の痛みを取り除くことを徹底しているのです。

 

 

手術中や術後の痛みについてもっと知りたい

 

包茎手術の痛みは手術中だけでなく術後にも痛みが発生します。どんな痛みがあるのか紹介します。

 

包茎手術中に痛みが出たら?

 

包茎手術中に痛みが出たら

 

私の場合は、痛みは全くありませんでしたが、カウンセリングで「手術中に痛みが出たらどうしたらいいですか?」と質問しました。そうすると「痛みが出たら医師に伝えてください。追加で麻酔を打ちます」と説明を受けました。

 

 

基本的には麻酔が効いているので痛みはないが、麻酔が効きにくい方はごく稀にいるようですね。手術中、医師からも痛くないか定期的に聞いてくれましたので、言いづらいという感じはなかったです。

 

 

実は手術後の痛みのほうがツラい

 

背面ブロック麻酔は麻酔の継続期間が長いといっても、いつか切れるはきます。私は2~3日ジンジンと鈍痛のような痛みがありました。痛みが出てきたなぁと思ったときに痛み止めを飲んでいましたので、悶絶するとかのたうち回るような痛みはありませんでした。安定してきたのは1週間くらいたってからだったと記憶しています。

 

 

個人差はあると思いますが、4日~5日でかなり楽になってきます。また、亀頭が常に出ていますので、歩くたびにパンツにこすれて痛くなります。ボクサーパンツなど固定されるパンツだと痛みがかなり軽減されると思います。

 

 

抜糸の時の痛みは?

 

抜糸の時は麻酔をしません。糸をカットしてピンセットで引き抜いて終わりです。私の場合は痛みはありませんでした。人によっては少しの痛みを感じる場合があるようです。

 

 

少しの痛みでも嫌だという方は、吸収糸でもいいと思いますし、抜糸前に痛み止めを飲んでおくといった方法があります。私は、抜糸時に経過も見てもらえるので、抜糸ありのナイロン糸をお勧めします。

 

 

手術後オナニーして良いタイミングは?

 

カウンセリングでオナニーやセックスは1か月間は禁止と説明を受けます。出血したり、傷口化膿したり、傷口が広がって縫い目が酷くなるからです。

 

 

私は3週間くらい経ってどうしても我慢できなくなってオナニーをしてしまいました。痛くはなかったですが、不安になり上野クリニックに電話をして次の日見てもらうことにしました。

 

 

先生に見せたら「大丈夫ですよ。順調です。」と言われホッとしました。私の場合は何ともなかったですが、出血でもしたら傷口が広がったり化膿したりするので、我慢するのはツライけど1か月間は何もしないほうがいいです。

 

 

まとめ

 

いかがだったでしょうか?私の体験を元に包茎手術の痛みについて紹介しましたが、不安は解消されたでしょうか。

 

 

基礎麻酔、深部冷却、局所麻酔、背面ブロック麻酔。部分麻酔でここまでしっかりと麻酔をしているのは上野クリニックだけです。手術中の痛みや麻酔の痛みに不安を抱えている人は、無痛麻酔を採用している上野クリニックのカウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

 

上野クリニックの公式サイトはコチラ

 

 

この記事を書いた人

包茎手術専門ライター tamaru
tamaru 1976年生まれ【包茎手術専門ライター・包茎手術研究】仮性包茎で女性へ積極的になれず悩むが、10年前に上野クリニックで包茎手術をして一転。自分に自信が付き、女性にも性にも積極的になる。本当によい包茎クリニックの選び方など300人以上の包茎手術の悩みを解消、アドバイスをした実績を持つ。

上野クリニックの口コミ
上野クリニックの評価


関連記事